「ゲミュートリッヒな家」をつくる『タニアのドイツ式部屋づくり』

図書館で借りてきた
門倉多仁亜著『タニアのドイツ式部屋づくり

小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ

ドイツ人の母、日本人の父をもち
転勤が多かった著者。

そんな著者が子供の頃にお母様から聞いた言葉。

「転勤して新しい街に行けば、その転勤についていった家族にとって、生活はまったくゼロからのスタート。
新しい職場や学校に慣れるまでは、いろんなストレスが伴うもの。
だから家は、長い一日が終わってみんなが帰ってきたときに、安心してリラックスできる場所でなければならないの。
引っ越しをしたら、とにかくできるだけ早く、居心地のよい家をつくることが大事なのよ」

引っ越ししたばかりの私には
とてもためになることが多かったです。

それに「小さな空間で」というのが
あまり広くない我が家にぴったりでした。

広さを求めればキリがないし
広くてもモノが多く、整理されていないと
狭く感じるし落ち着かない。

必要なモノは厳選して、少しだけ。
あとは自分の生活にあわせた工夫とアイデア。
なんとなく自分の目指すべき空間がわかってきた。

ドイツには「ゲミュートリッヒ(Gemutlich)」という言葉があるそうです。

これは家やレストランなどの空間が心地よいこと。
落ち着きがあり、あたたかい雰囲気のある空間のこと。

ドイツ人にとって家がゲミュートリッヒと言われるのはなによりものほめ言葉なんだとか。

今回の引っ越しで長距離通勤になった夫。
疲れて帰ってきて、散らかった部屋では落ち着かないだろうな。

私もとにかく早く「ゲミュートリッヒな家」をつくらねば。


子育てスタイルに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
<スポンサーリンク>
2013-01-09 | Posted in インテリア, No Comments » 

同じテーマのおすすめ記事

<スポンサーリンク>