子どもを信じて手本となる

梅雨らしいお天気が続いていますね。

なかなか散歩にも行けないので、
双子の息子とスタンプ遊びをしました。

「ぴったん、ぴったん」と言いながら、
スタンプを押す様子は微笑ましいです。


そんな平和な時間もあるけれど、
子育てしているとそんなことばかり、
ということはあるはずもなく。

物をとりあってサイレンのように泣き出すこともある。

泣き止まない息子二人を前に
どうしていいかわからず途方に暮れることもある。

子育ての悩みは成長とともに変わるけれど、減ることはあんまりないように思う。

そんなことで日々悶々とする中、
ふと開いた育児の本。

育てたように子は育つ

こちらの価値観を修正して相手を認めるのではなくて、
子どもの存在そのものをそのまま信じていてやるのである。

教育は口や言葉でするのではなく、
ただ手本を見せておくだけでよい。

つい口うるさくなってしまう。
そんな自分がとても恥ずかしくなった。

子どもを信じる。
そして手本になるよう行動する。

ただそれだけでいい。

なってほしい人に自分がなる。

シンプルだけど、難しい。

(関連記事)
幼稚園選びと初めてのボディペインティング
トイ・ストーリーが大好きな双子の息子「2歳8ヶ月の記録」
自然の中でのびのびと。鎌倉のこどもの遊び場は海と山
恋愛も子育ても信頼関係が大事
「幼児教育」大切なのは子どもの力を信じること


子育てスタイルに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
<スポンサーリンク>
2013-06-20 | Posted in 子育てグッズ, No Comments » 

同じテーマのおすすめ記事

<スポンサーリンク>