八雲神社の「さいと焼」でおいしいお汁粉

週末は家族で朝から近くの八雲神社の「さいと焼」へ。

「さいと焼」とは、神迎えに用いた木(門松)を焚いて神を送る行事。

その浄火によって門松や注連縄、古神札やお守なども一緒に寄せ集めて焚く習慣なんだそうです。

朝の8時からだったので、
あわてて家のお正月飾りを忘れてしまいましたが、
ちゃっかりお汁粉だけはいただいてきました。

寒い境内で、火を囲みながらいただく甘くて暖かいお汁粉。

なんだか、やけにおいしかったです。
ちょっと感激するくらい。

そういえば、お汁粉食べるの何年ぶりだろう。思い出せない。。。

来年はきちんと「さいと焼」もしていただこう。

こちらは、私が作っておいたトマトソースで、
夫が作ってくれた「ソーセージとほうれん草のトマトパスタ」

庭で育てているイタリアンパセリものせていただきました。

おいしいものが食べられて本当にしあわせなんだけど、
最近、食べ過ぎ飲みすぎで、
出産前にもどった体重がまた逆戻りしそうです。

薄着になる前になんとかしなくちゃ。

(関連記事)
クッキー教室 at『食堂ぺいす』
鎌倉移住から1年
クリスマスの定番お菓子『LONG TRACK FOODS』のシュトーレン
葉山『TANTO TEMPO』のサンドイッチで秋の紅葉ピクニック
8th anniversary fair at『COUPRIO』


子育てスタイルに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
<スポンサーリンク>
2014-01-14 | Posted in おでかけ, 鎌倉・湘南No Comments » 

同じテーマのおすすめ記事

<スポンサーリンク>