映画『365日のシンプルライフ』

映画『365日のシンプルライフ

友人に聞いてから観たくて仕方なかった映画。

ちょうど、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法2』を読んでいたということもあり、
我慢できずに、先日、渋谷まで観に行ってきました。

ストーリーは一人暮らしの青年が自分の持ち物全てを倉庫に預け、
1日1個だけ持って帰ることができるという実験に基づくドキュメンタリー。

上映後、監督本人のスカイプインタビューがあったのですが、
実際に生活に必要だったモノは100個くらい、生活を楽しむためのモノが100個くらい。
それ以外の倉庫に残ったモノは、結局必要のないもので実験後処分したそうです。

しかもトータル1年半くらいは何も買わない生活。
買い物する習慣がなくなったので、お店に入ること自体がなかったんだとか。

一人暮らしの男性と家族と一緒に住んでいる私とでは環境が違うけど、
この実験、やれるものならやってみたい。

ただ、私の場合、欲しいモノもいろいろあるというのが問題になりそう。。。

減らしたいモノと増やしたいモノ。どちらもあるからもどかしい。
モノを減らしたその先に答えがあるのかな。

と、観た直後よりも、しばらくしてからのほうが実生活にジワリジワリと響いてくる、そんな映画でした。

ということで、ただ今わが家は片づけ祭り真っ最中。

(関連記事)
The Grand Budapest Hotel
CALIFORNIA DREAMING
3歳双子の息子とはじめての映画鑑賞『プレーンズ』
映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』
Kinfolk Magazine Community Gatherings


子育てスタイルに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
<スポンサーリンク>
2014-09-10 | Posted in モノNo Comments » 

同じテーマのおすすめ記事

<スポンサーリンク>