鎌倉文学館『西巻茅子の世界』

先日、大好きな長谷の『オルトレヴィーノ』で買ったサンドイッチ片手に、
友人とピクニックがてら鎌倉文学館へ。

ちょうど開催中だった絵本作家「西巻茅子の世界」は息子たちにぴったりだったようで、
お絵かきしたり、変身したり、ウサギを探したり、想像以上に楽しめました。

変身できるコーナーでは、かわいいウサギの帽子がたくさんあるのに、
なぜか息子たちは一つしかないネコ(?)になりたがったり、
作ったおりがみの金魚で、ブルーの足形を海に見立てて泳がせてみたり。
一番好きなものを書く用紙に何を描いたのかと聞いたら、花火らしい。

幼稚園に通うようになってから、
ものすごい早さでいろんなものを吸収しているんだなと思う。

息子たちのいろんな一面が見えるたびに、驚かされるし、笑ってしまう。
何気なくつぶやく言葉にハッとさせられることも多くて、
最近、こどもだけが持っている不思議な魅力をひしひしと感じます。

(関連記事)
『横須賀美術館』と『かねよ食堂』
こどもと楽しむ夏のアート展
Maybelle calligraphy workshop in Fukuoka
Maybelle calligraphy workshop at Fog Linen Work
カリグラファー『Maybelle Imasa』さん


子育てスタイルに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
<スポンサーリンク>

同じテーマのおすすめ記事

<スポンサーリンク>