「住まい」について考える

非日常が日常になる。

鎌倉に引っ越すまで、
私にとって海に行くことは特別なことで、非日常の出来事。

それが、今は日常になっている。

双子の息子たちに「お散歩どこ行きたい?」と聞くと、
「うみで、すなあそびする」と答えたりする。

都内に住んでいたころには想像もできなかった答え。

環境の影響って大きいなぁと実感する。

毎年わが家では一年のはじまりに夫とすることがあって、
その年のテーマや、やりたいこと、などを話します。

決めるのは、
今年一年どうやって過ごすか。
どんな方向に進んで行くか。みたいなこと。

振り返ると2010年のキーワードは、
「子ども、鎌倉、独立、早起き」でした。

夫も仕事で独立し、
鎌倉にも住んで、子どもも二人授かった。

早起きは、、、なんとか出来てるかな。

願えば叶う?!

今年のキーワードは、
「住まい、ミニマム、生活リズム、ライフワーク」

より暮らしやすく、心がやすらぐ家に。

暮らし方や持ち物をミニマムに。

幼稚園がはじまるので、生活リズムを整える。

少しひとりの時間が増えるので、自分のライフワークについて考えて動き出す。

しばらくは幼稚園準備と、
住まい探しが優先かな。

一日の大半を過ごす家。

ベランダから海が見えたら最高だなぁなんて想像しながら、
住宅特集」の『Casa BRUTUS』を読んだり、少しずつですが勉強中。

どんな間取りかよりも、
どんな暮らし方がしたいのか。

じっくり考えたいと思います。

(関連記事)
『sol × sol』で多肉植物の植え替え
白いあじさいのおばあちゃん
小さな庭で手作りパーティ「Happy children’s day!」
窓辺に飾った五月飾り『鯉のぼりモビール』の思わぬ副産物
念願のダイニングテーブルがついに完成!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA