映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』

週末ひとり時間をもらい、
久しぶりに映画を観てきました。

ミシェル・ゴンドリー最新作『ムード・インディゴ うたかたの日々』ディレクターズカット版。

原作を読んでいたので、
かなしい結末はわかっていたのだけど、
ミシェル・ゴンドリーの映像で、
この小説がどう表現されるのか、まったく想像がつきませんでした。

楽しいエッセンスいっぱいの映像が、
残酷だったり、切なかったり。

フルカラーの楽しいときが、
どんどんモノクロの残酷で悲しい映像に変わっていく。

とっても切ないラブストーリー。

小説を読んだときの、あの不思議な感じが、
そのまま表現されていた131分間。

とても楽しめました。

(関連記事)
Kinfolk Magazine Community Gatherings
海辺で映画鑑賞!『逗子海岸映画祭』
映画『ムーンライズ・キングダム』
素敵な映像に感動した日「日本はとても美しい」
ミシェル・ゴンドリーの新作『L’Ecume des Jours』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA