にじまないアイライナー「UZU BY FLOWFUSHI(ウズ バイ フローフシ)アイオープニングライナー」

UZU BY FLOWFUSHI(ウズ バイ フローフシ)

息子たちが生まれてから自分自身にあまり興味もなくなっていたのですが、息子たちも小学3年生になり、再び自分への興味も復活。
昨年メイク講座に参加したことも刺激になり、マンネリ気味だったメイクを少しずつ見直しています。

改めてまわりを見渡すとファッションや持ち物ももちろん気になりますが、肌が綺麗だったり、メイクやスタイルが良かったりする人がとても気になるようになりました。

結局、肌やスタイルが良ければ、何をのせても素敵になるという。
それでも、すぐに変えられるメイクで印象はだいぶ変わると思ってます。

今だとインスタグラムやyoutubeでメイク動画で勉強することもできるので、少しずつですが、いろいろ試してみることにしました。

自分のメイクを見直してみると、今まで好きだった濃いめの色よりも、少し柔らかい色が好きになっていて、自分の顔に馴染みやすいような。

【にじまないアイライナー「UZU BY FLOWFUSHI(ウズ バイ フローフシ)アイオープニングライナー」】

まずはこれからということで、少し前に話題になっていたフローフシのリキッドアイライナー「アイオープニングライナー」を買ってみました。

UZU アイオープニングライナー

UZU BY FLOWFUSHI(ウズ バイ フローフシ)

マスカラやリップグロスなどで人気だったフローフシ(FLOWFUSHI)は2018年に終了。
今年の3月に新ブランド「ウズ(UZU)」を立ち上げて、発売になった「アイオープニングライナー

世界に誇る筆づくりの産地、熊野×奈良の職人さんが作る「大和匠筆」を使っているそう。
なるほど、なかなかラインも描きやすいです。

UZU BY FLOWFUSHI(ウズ バイ フローフシ)

しかも、このアイライナーにじまないのに、ぬるま湯でメイクオフできるのが嬉しい。

全部で13色あるのですが、悩んだ末、わたしはグレーに。
カーキもブラウンもすごく良かったので、追加してしまうかも。

ホワイトを目尻のポイントに使うと素敵なようですが、勉強を始めたばかりのわたしにはちょっとハードル高いかなということで、今回は見送りました。
でも、少し冒険も必要なのか?!という気もしています。脱マンネリしたいんですから。

他に気になっているコスメはto/one(トーン)のペタルリキッドアイシャドウ。パープルとかグリーンとか。

肌断食しているので、石鹸で落とせるものが理想ですが、アイメイクくらいはいいかなということで、今後もいろいろ試してみようかと。

「アイオープニングライナー」は人気の商品だったので、欲しい色が売り切れのお店も多かったのですが、大船駅の中の「シャン・ド・エルブ」にはネイビーを除いて全部揃ってました。
鎌倉近辺の方で気になる方はこちらのお店でチェックしてみてくださいね。

今日も読んでくださりありがとうございます。
コスメをいろいろ調べだしたら、メイクする面倒くささも楽しめるようになってきたような。